「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)

 忌引を不正取得したなどとして、神奈川県は30日付で、平塚水道営業所(平塚市)の男性職員(44)ら5人を減給や戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、男性職員は2006年6月〜09年1月、4回にわたって伯母が死んだとうそをつき、忌引を4日間取得したとして、減給10分の1(6か月)の処分を受けた。県の聞き取りに、職員は「慣れない業務で責任を感じ、休みがちになった。周りに言いにくかった」と説明しているという。

 同営業所の別の男性職員(55)や、総務部統計課の女性職員(48)、動物保護センター(同市)の男性職員(40)もそれぞれ1日、忌引を不正取得したとして、戒告となった。

 このほか、平塚保健福祉事務所(同市)の女性職員(46)は、09年に年次休暇を消化した後、欠勤を繰り返したとして、減給10分の1(1か月)となった。

 今年1月に県教委で忌引の不正取得に対する処分があり、県も調査していた。

日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
<DV>被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警(毎日新聞)
エコカー優遇検討=新たな高速道割引で−国交省(時事通信)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
[PR]
by iskqrrqake | 2010-04-02 23:41
<< 京浜東北線、大宮―大船間の上下... 「真実の声に耳傾けず」=裁判長... >>